健康を考えて「禁煙」したいと思っている人は多くいます。実際「禁煙」に取り組んでも、なかなか成功しないのが実状です。そんな人にも成功をもたらすと人気になっているものがあります。それは「離煙パイプ」と言われる商品で、タバコを吸いながら禁煙できるのが特徴です。

吸いながらというのはどういうことなのでしょうか。「離煙パイプ」というのは31本のパイプで構成されています。パイプには1~31までの番号が付いており、ニコチンの摂取量を減らすために横穴が開けられています。タバコにこのパイプを付けて普段通りに吸いますが、毎日取り換えることで徐々にニコチン摂取量が減っていくという仕組みです。

パイプの番号が大きくなるほど横穴が大きくなり、例えば1番のパイプでは3%のニコチンを減らし、10番では30%減らし、20番では61%、最後の31番では95%も減らしています。95%減らすということは、タバコ1本あたり0.005mgまでニコチンを減らしたことになり、これは非喫煙者が空気中のニコチンを吸い込む量と同等です。つまりタバコを吸っているのに、吸っていない人は同じレベルにあるということです。この状態から禁煙を行うことで、すでに体内はニコチン依存性の低いところにあり、その後の離脱症状も軽くて済みます。

禁煙の成功率は高まり、苦しまずに禁煙を達成するということに繋がっていきます。「離煙パイプ」はパイプ・中子ともに洗浄が可能で、使い捨てではないことも魅力です。離煙パイプのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です