禁煙グッズには様々なものがありますが、その中でも離煙パイプを選ぶ人が多いのはメリットがたくさんあるからです。その中でもっとも大きいのは、日本製で安心して利用できることです。優れた効果があると言われていても、日本製以外は体に影響が出ないのかと不安になります。しかし離煙パイプなら日本製となっているため、安心して導入できます。

このあたりが、禁煙するにしても慎重にグッズを取り入れたいと考える人たちに支持される理由です。体への優しさという面では、薬剤等も一切使われていないこともメリットとして挙げられます。離煙パイプは薬剤によって吸いたい衝動を抑えるようなタイプではなく、パイプをつけることでニコチンを軽減していく方法です。1から31までの番号がつけられていて、1番目はニコチンのカット率が3%です。

数字が1増えるごとにカット率が3%上昇する仕組みですので、最終的にはマイナス95%に達します。ここまでくれば、ほとんどニコチンは含まれていないも同然です。少しずつニコチンをカットすることから、ストレスなく禁煙できることも魅力となっています。禁煙する時には体内のニコチン濃度が下がることによるストレスを感じ、イライラして正常な判断ができなくなる人もいます。

しかし、一気に減らすのではなくて徐々に減らせる離煙パイプなら、自然にニコチンを摂取しなくても良い状態になるため、辛い気持ちを抱えることなく成功することが多いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です