ずっと禁煙にしたいと思っているのに、なかなか成功しなくて悩んでいる方は少なくないはずです。タバコには依存性の高いニコチンが含まれているため、簡単にやめることができません。タバコが吸えなくなると、吸いたい衝動に駆られるようになるでしょう。落ち着かなくなったり、眠くなることがあります。

これらは離脱症状なのですが、数週間ほど経過すればニコチンが体内から完全に排出されます。そうすると依存することがなくなるので、問題なく生活できるはずです。ところがタバコを吸うことが習慣になっていて、そのことに依存している場合はなかなかやめられません。習慣を変えることは簡単なことではないので、結局はまた吸いたくなってしまうはずです。

これが禁煙が難しい最大の理由なので、まずは専用のグッズを使いながら取り組んでみてはいかがでしょうか。おすすめしたい商品は、離煙パイプになります。離煙パイプはタバコにつけて使用するのですが、そのまま吸って大丈夫なので安心です。禁煙外来に行くとタバコが吸えなくなるので辛い思いをしますが、離煙パイプはそのまま吸えるのが大きな魅力です。

最初は普段通り吸っている状態ですが、パイプを付け替えていくことで煙の量が減っていきます。段階を踏んで付け替えていけますので、精神的な負担も少ないです。離煙パイプを使い続けていくうちに、タバコがなくても大丈夫になってきます。ニコチンも摂取量が減ってきて、体内から排出されるので安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です