タバコは一日でも早くやめた方がいいのですが、簡単にやめられないのが大きな問題です。ニコチンという物質には依存性が含まれているのですが、実はそれほど強いものではありません。タバコをやめた時には離脱症状があるのですが、これも非常に軽いものです。眠くなることもあれば落ち着かなくなることもあるのですが、その程度で済みます。

ニコチンは数週間で体内から排出されるので、その頃にはもう離脱症状に悩まされることはありません。そういった意味では、禁煙はそこまで難しいものではないです。ところがタバコを吸うことが習慣になっていたり、精神的に依存しているとやめることが難しくなります。人は習慣を変えることが苦手なので、結局はまた吸うようになってしまいます。

あるいは精神的に依存している場合はタバコが吸えなくなると不安になってきて、すぐに買いに行くはずです。禁煙を先延ばしにしている方は精神的に依存している可能性があるので、離煙パイプがおすすめです。離煙パイプはタバコを吸ったまま禁煙を成功させることができるので、とても魅力的な商品です。いつも吸っているタバコに離煙パイプをつけて、そのまま吸ってみてください。

最初の段階では何の違和感もないはずです。段階を踏みながら煙の量が減っていくのですが、自分でも気づかないぐらい少しずつ減らしてくれます。なので自然とタバコを吸わなくても大丈夫な状態になっていきますし、楽に禁煙できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です