離煙パイプとは、禁煙のために使用されるアイテムです。いつものタバコの先端に離煙パイプを装着することで、ニコチンの摂取量を減らせるのが特徴です。長年の喫煙が癖になっている人や、自分の意思だけでは禁煙が難しい人、ゆっくりと禁煙したい人にぴったりなアイテムとして活用されています。喫煙をやめられない人にとってはいつも吸っているタバコを急にやめる必要がなく、吸口にセットするだけで禁煙を始められる便利なグッズといえるでしょう。

通院の必要がないのも特徴のひとつとなっています。離煙パイプは通常31日分で1セットとして扱われます。1から31までそれぞれ番号が割り振られており、1日目はまず番号1のものから始めます。2日目は番号2、3日目は番号3と、順次番号を変えてタバコへの装着を続けましょう。

外見上はどのパイプも変わりないように見えますが、パイプ内に空けられた穴によるニコチンの制御や、タールを付着させるユニットを備えた構造によって、ニコチンとタールの軽減量が少しずつ上げられるようになっています。1日あたりの軽減量はわずかではあるものの、10日目、20日目と日を追うごとに軽減量は高まり、減少していくニコチンに自然に馴染め仕組みです。今まで吸っていたタバコをいきなりすべてやめるのはつらいといった人にとっても、タバコのない生活に少しずつ慣れるためにメリットが多く、結果的に禁煙までの近道となってくれるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です