なかなかタバコを止められないのは、吸わない時間が辛いと感じるからです。特にヘビースモーカーの人は、短時間吸わないだけでも辛いと感じて挫折しやすくなります。口にタバコを含むという動作自体が日常のルーティンになってしまっているケースも多々あり、その場合はルーティンから改善しなければなりませんので少し大変です。口寂しさ自体は飴やガムでも対処できますが、その場合はニコチンを含んでいるといつまで経っても摂取量をセーブできませんので、含まれないものにしましょう。

辛いと感じることが怖くて禁煙に踏み切れない人にお勧めしたいのが、特殊なパイプを使って徐々にニコチンの摂取量を減らしていく離煙パイプです。パイプは31段階になっていて、最初の1番はほんの少しだけニコチンをカットしているのですが、31番になると95%ものニコチンがカットされているため、ほとんど接種せずに済みます。いきなり95%も減ってしまったら体は違和感を感じて離脱症状も出ますが、離煙パイプの場合には少しずつ減らしているために自然に慣れていくことができるのがメリットです。優秀な離煙パイプでも失敗することがありますが、それは直にタバコを吸った時や順番通りに使用しなかった時ですので、気を付けていれば回避できます。

指定された通りの順番で使用するように注意しつつ、数本吸う場合でもその日の番号のものを必ず装着すれば、無理なくタバコを止めることが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です