31本がセットになっている離煙パイプは、日本製の禁煙グッズです。タバコは肺や心臓に負担をかけるだけでなく、胃腸にも悪影響を及ぼします。タバコを吸うと気持ちが落ち着くという人は多いですが、脳がそう錯覚しているだけで、身体にメリットなどありません。特に高齢世代に近づくにつれて、タバコに由来する生活習慣病や三大成人病のリスクが増すので要注意です。

禁煙方法は無数に存在しますが、なかでも離煙パイプは特に注目されています。価格がリーズナブルですし、ネットで手軽に購入できるのも魅力です。毎日3%ずつニコチンをカットしていく仕組みで、最終的にニコチンの摂取は超微量となります。3%ずつカットする理由は、脳に負担をかけないためです。

大幅にカットしてしまうと、脳がニコチンを求めてしまうわけです。離煙パイプは普段吸っているタバコに装着して使用します。これだけで有害物質をブロックし、かつ違和感をほとんど覚えません。普段使用しているタバコと風味に違いはなく、これなら続けられるというコメントが目立ちます。

成功率は89.3%を実現しており、その実感度から日本以外でも使用されています。医薬品は使用していないので、ニコチンガムやニコチンパッチを使用できない人にもおすすめです。離煙パイプはタールを抑える作用もあるので、健康が気になる方も愛用しています。ニコチンとタールにはデメリットこそあれども、メリットはひとつもありません。

健康的に長生きするためにも、早期の禁煙を実現してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です