ねずみ駆除の前に予防を

家の中にねずみを見つけたら気持ち悪いものですが、ねずみの出る家もあれば出ない家があります。

この違いはどこにあるのでしょうか。

ねずみが出る家というのは、ねずみにとって生活しやすい環境の家であることは間違いありません。


つまり、暖かくてエサが豊富にあって、しかも安全であるということです。

ネズミの駆除の情報はこちらです。

しかし、どのような家でもほとんどこの条件は当てはまるのではないでしょうか。

暖かくない家はありませんし、エサが落ちていない家もないことでしょう。
猫を飼っていたらねずみは嫌がるかもしれませんが、猫がいる家のほうが少ないはずです。


それにもかかわらず、ねずみが出る家と出ない家があるということは、ねずみが家の中に入ってくるのを許してしまっているかどうかの違いということになりそうです。



ねずみが家の中にいるということはどこかに侵入口があるということなのです。ねずみ駆除を考えるとき、どうやって捕まえたり、追い出したりすれば良いのかばかりを考えてしまいがちですが、それよりも重要なのは予防なのです。



まずはねずみの侵入口を徹底的に探して、見つけたら塞ぐことです。どんな小さな穴や亀裂でも侵入口となる可能性があります。


これを徹底した上で初めてねずみ駆除となります。

ただし、超音波を使って家から追い出すつもりなら、追い出した後に侵入口を塞ぐ必要があります。ねずみ駆除のためのグッズは色々販売されていますが、最も一般的で安いものは吸着剤タイプです。


ねずみが出没しそうなところにたくさん設置してみると良いでしょう。